キャッシングの在籍確認について

キャッシングを利用する場合は、申込みの後に審査を受けます。
審査の最終段階で行われるのが在籍確認です。

 

様々な体験談にも書かれていますが、キャッシングというのは担保や保証人を必要としない融資です。
信用貸しとなっているため、金融機関側はその人に本当にお金を貸しても良いかどうかという事を確認する為に調べます。
これは、キャッシングだけでなくカードローンやその他のローンでも行われている物です。

 

金融機関に融資の申し込みをする時は、自分の働いている所等も深刻します。
在籍確認では、その職場に本当に勤めているのかどうか、在籍している事実は有るかどうかという事を調べます。
その方法として従来行われてきたのが勤務先に直接電話をする方法です。
担当者の個人名を名乗って電話をし、そこに本当に申し込みをしてきた人が在籍しているかどうか確認します。
本人が出る必要はなく、誰が出ても問題は有りません。

 

ただこの方法だとどうしても職場の人に知られてしまう可能性が出てくる為、出来れば避けたいと思っている人もいます。
そういう人にも注目されているのが、書類提出による在籍確認です。
職場に勤めている事を証明する事が出来れば良いので、給与明細等を利用して行う方法です。
勿論、インターネットを利用して行うカードローンの申し込みの時等は証明する書類の原本、またはコピーを送る必要はなく、スマートフォンについているカメラで撮影してネット経由で送る方法も認められています。
ただ画像が不鮮明の場合は撮り直しとなってしまうので、送る前に文字が鮮明化どうかを予め調べます。