カードローンの増額申請が認められない最大の理由

カードローン会社を利用してお金を借りたいと思って申し込み手続きをすると、審査が待っています。それに通ってこそ本当にお金が借りられるようになるのです。ただし、実際に何円のお金が借りられるのかは、その結果次第ということになります。
たとえば、そのカードローンの最大融資額は300万円だと新聞の広告記事などに掲載されていたとします。しかし、だからといって自分に与えられる借入限度額も自動的に300万円になってくれるとは限りません。申し込んでみたところ、自分には100万円の額しか与えられないようなことは、世間には幾らでもあり得る話です。それどころか、時には50万円とか30万円、あるいはそれ以下の小額しか認めてもらえない可能性さえあるのです。
ところで、そうした自分に与えられる借入限度額というものは、後から増額してもらうことは可能です。決して最初の額がずっと続くわけではないということです。ですから最初は10万円の額しかなかったとしても、やがて30万円に増えたり50万円になったりして、そして100万円以上に増やしてもらえる可能性も誰にでも十分にあるのです。
ただし、そのためには条件があります。それは、お金を借りて無事故で返済することを何回か繰り返すことです。つまり、ローン商品の利用実績を十分に積んでおくことが必要になるということです。ですから、もしも増額申請しても認めてもらえないとしたら、その最大の理由とは、そのような実績が不足しているという結論になることでしょう。