カードローンの随時返済時で利息負担が減る

通常、銀行カードローンは約定返済に従い返していくことになります。

 

約定返済とは、契約時に債権者と債務者で取り決めた支払い日と金額のことです。毎月◯日に◯円ずつ返していくという約束で、これを守れなかった場合は信用が落ち、遅延損害金の発生に繋がります。
信用が落ちると契約しているカードローンはもちろん、他社のすべての借り入れにも影響してきて利用限度額の減額、利用の停止、またはお金を借りることができなくなることがあります。また、延滞したことに対して支払う遅延損害金が発生し、通常の利息とは別に支払う義務が生じるので負担が大きくなるでしょう。

 

さて、これに対して随時返済という方法も存在します。
随時返済とは、毎月の支払いとは別に利用者が任意で支払っていくことです。例えばボーナスが出て余裕があるときにまとめて返してしまうことで支払期間の短縮が可能となり、元金残高も予定より早く減っていくので後々の支払いの負担を抑えることができるのです。
このように自分の都合に合わせて随時支払っていくことを随時返済、または繰り上げ払いや前倒し払いとも言います。

 

利息は元金残高と借入日数に応じて決まるため、負担を少なくするためにはおすすめの支払い方法です。高い金利で契約しても早く返してしまえば負担はすくなく、逆に低い金利で契約しても長期的に返していけば負担は大きくなるため、賢く返していくなら余裕があるときは随時支払っていくようにしましょう。